2016/10/17

配信記録 2016/10/16 – Iesabel - part 1,2

Iesabel_2016-10-16_14-11-48

Iesabel
開発元: Madman Theory Games
http://store.steampowered.com/app/248710/

 ポーランド製のハック&スラッシュでございます。
 フレンドから紹介で持っていることを思いだし、Path of Exileの合間にやってみようと相成りました。

 本作はスマホ向けタイトルの移植作という不安要素があるだけでなく、Steamでの評価がすこぶる悪いときています。
 しかし、商品ページのスクリーンショットを見る限りは怪しい感じはない。首をひねりながらプレイスタート。

 

 

2016-10-16_14-18-06

 オプション画面。
 とてもシンプル。
 Auto Highlightのチェックを入れておくと便利なぐらいでしょうか。

 画面設定でウィンドウモードを選んでも、メニュー画面を表示するたびに(起動時、ゲームから戻る場合も)フルスクリーン化してしまいます。Alt+Enterでウィンドウモードになりますが、いちいち面倒です。

 

 

2016-10-16_14-21-06

 キーバインド画面。
 Close Tabをスペースキーに割り当てるのと、Main Waponを押しやすいキーに割り当てるのを推奨。

 設定キーが重複していても警告などが一切無いので要注意。 

 

 

2016-10-16_14-13-06

 キャラ選択。
 クラスはバーバリアンとウィッチのふたり。
 当然近接のバーバリアンを選びます。

 

 

2016-10-16_14-16-06

 しばらくの間、操作関係にチュートリアルが挟まります。
 一般的なハック&スラッシュを触ったことがあるならば、特に困ることはなさそうです。

 

 

2016-10-16_14-45-06

 気付きにくいのが、このレベルアップ時のポイント振りの参考値画面。
 各ステータスのボタンを押すと、関連するパラメータが青でハイライトとされたウィンドウが開きます。

 ステータスは6種。
 私のバーバリアンはStrengthとLackにポイント振る方向で育成。LackはMFに関わる数値なのを、リスナーさんから指摘されて途中から知りました。

 

 

2016-10-16_14-46-36

 スキル。
 説明欄最下部のコインの右に書かれている数値が要求レベル。この値に達していれば1ポイントでスキルが取れます(もしくはレベルアップ)。

 クラススキル、防御系スキル(文字がつぶれて読めません)、錬金の3つのジャンルから自由に選択。ある程度特化した方が良さそうですね。

 

 

2016-10-16_15-21-06

 装備。
 こちらも一般的。
 クラス制限があるおかげで、拾うアイテムの大半はゴミです。

 

 

2016-10-16_14-50-36

 戦闘。
 オーソドックスなタイプ。敵をクリックすれば自動的に攻撃。
 どういうわけか反応が悪く、何度かクリックしないと攻撃してくれないようでした。

 

 

2016-10-16_15-17-06

 イベント。
 ポートレートと共に文字だけの会話シーン。音声はありません。
 なお、諸事情から会話シーンは飛ばして遊んでいるため、ストーリーは全く分かりません。ええ。

 

 

2016-10-16_15-47-36

 クエスト。
 進行状況などは一覧で確認できます。
 とはいえ、ミニマップに表示されているハイライトマーカーを目指して進んでいれば、これを読む必要は全くありません。

 

 

2016-10-16_16-26-06

 クエストボス戦。
 特殊攻撃前には大げさな呼び動作がはいるので、よく見ていれば直撃は避けられる風味です。それでも苦戦しましたけど…

 

 

2016-10-16_22-08-44

 さらにボス。
 ポーションガブ飲みながら、初見撃破。

 

 

2016-10-16_23-28-14

 またまたボス。
 ワールウィンドことトルネードで打開。初戦はゾンビさんですね。

 

 

2016-10-16_23-51-44

 適当に進めているとAct2に突入。
 全3章のわりに、以外とボリュームがありますぞ。

 という感じで本日は終了。
 昼と夜の部の2回配信。7時間近い長丁場、ご試聴ありがとうございました。

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿